Zoom説明会の動画

  • (3月30日)コロナ感染と経済活動の見通し[ここをクリック]
  • (4月13日)コロナ感染と経済活動の見通し[ここをクリック]
  • (4月20日)コロナ感染と経済活動の見通し[ここをクリック]
  • (4月27日)コロナ感染と経済活動の見通し(第1回、第2回、第3回)[ここをクリック][ここをクリック][ここをクリック]
  • (5月4日)コロナ感染と経済活動の見通し[ここをクリック]
  • (5月11日)コロナ感染と経済活動の見通し[ここをクリック]
  • (5月23日)「五輪開催の感染への影響」[ここをクリック]
  • (5月25日)コロナ感染と経済活動の見通し[ここをクリック]
  • (6月1日)コロナ感染と経済活動の見通し[ここをクリック]
  • (6月8日)コロナ感染と経済活動の見通し[ここをクリック]
  • (6月14日)五輪観客数試算[ここをクリック]
  • (6月17日)五輪による国内感染への影響 [ここをクリック]
  • (6月22日)家計消費の感染拡大への影響(早稲田大学・戸村肇)、コロナ感染と経済活動の見通し[ここをクリック]
  • (6月29日)コロナ感染と経済活動の見通し[ここをクリック]
  • (7月6日)コロナ感染と経済活動の見通し[ここをクリック]
  • (7月13日)コロナ感染と経済活動の見通し[ここをクリック]
  • (7月20日)コロナ禍の自殺、コロナ感染と経済活動の見通し[ここをクリック]
  • (7月27日)コロナ感染と経済活動の見通し[ここをクリック]
  • (8月3日)コロナ病床使用数増加の感染・経済への影響、コロナ感染と経済活動の見通し[ここをクリック]
  • (8月10日)コロナ感染と経済活動の見通し[ここをクリック]
  • (8月17日)過去の見通し検証、ロックダウンの感染・経済への影響[ここをクリック]
  • (8月24日)五輪開催の感染への影響:振り返り、コロナ感染と経済活動の見通し[ここをクリック]
  • (8月31日)ワクチン接種完了後の世界・コロナ感染と経済活動の見通し[ここをクリック]
  • (9月7日)コロナ禍の新卒採用の動向と今後の課題について(東京大学・近藤絢子)・感染と経済の中長期展望(早稲田大学・久保田荘)・コロナ感染と経済活動の見通し[ここをクリック]
  • (9月14日)コロナ禍の自殺:年代別・性別の分析、コロナ感染と経済活動の見通し[ここをクリック]
  • (9月21日)コロナ感染と経済活動の見通し[ここをクリック]
  • (9月27日)コロナ感染と人流の相関関係[ここをクリック]
  • (9月28日)コロナ禍出口戦略の再構築(みずほリサーチ・服部直樹)・コロナ感染と経済活動の見通し[ここをクリック]
  • (10月11日)飲食店規制の感染への影響:因果推論(一橋大学・高久玲央)・コロナ禍の自殺[ここをクリック]
  • (10月25日)東京での感染減少の要因:定量分析[ここをクリック]
  • (11月2日)7月―9月の感染の増減の要因(名古屋工業大学・平田晃正)、コロナ感染と経済活動の見通し[ここをクリック]
  • (11月22日)「8月の分科会「人流5割削減」提案からの教訓」・「人流と感染変化率の関係 (筑波大・倉橋教授)」[ここをクリック]
  • (12月6日)コロナ死亡回避の経済価値ーコロナ死者数を一人減少させるために社会としてどのくらいの経済犠牲を受け入れるかー[ここをクリック]
  • (12月27日)「オミクロン株」、「2021年の感染シミュレーションの振り返り」[ここをクリック]
  • (1月11日)「第6波における重症化率・致死率」、「第6波における重症化率・致死率モニタリング」、「感染と経済の見通し」[ここをクリック]
  • (1月15日)第6波におけるコロナ政策の指針[ここをクリック]
  • (1月18日)「濃厚接触者隔離に関する分析」 by 千葉安佐子(東京財団)、畝身達夫(創価大)・「緊急事態宣言に伴う経済の停滞」、「今後の見通し」 by 仲田泰祐、平田晃正(名古屋工業大)[ここをクリック]
  • (1月22日)「第6波におけるコロナ政策の指針:理論的背景」、「行動制限政策の感染抑制効果:これまでの知見の整理」[ここをクリック]
  • (1月25日)「第6波における重症化率:PCR検査数制約の影響」、「今後の見通し(名古屋工業大学・平田晃正)」[ここをクリック]
  • (2月8日)「コロナ禍における子供の超過自殺」、「コロナ禍の婚姻」、「コロナ禍の出生」、「今後の見通し」[ここをクリック]
  • (2月15日)「保育園休園数の推定(東京財団・千葉安佐子)」、「今後の見通し」、「新聞メディアはCOVID-19 をどう報じたか?―全国紙における「接触8 割減」の内容分析―(関西大学・菅原慎悦)」[ここをクリック]
  • (2月22日)「学校閉鎖・休校数の分析」(東京財団・千葉安佐子)、「重症化率・致死率の推移、今後の見通し」(仲田)[ここをクリック]
  • (2月25日)「新型コロナ感染症対策とEBPM」(大阪大学・大竹文雄)[ここをクリック]
  • (3月1日)「コロナ禍の婚姻・出生」、「子供の感染と親の就労」(東京財団・千葉)、「今後の見通し」(名古屋工業大学・平田)、「今後の見通し」(仲田)[ここをクリック]
  • (3月4日)「3月4日分科会に提出した意見書の解説と会議での発言内容」 (大阪大学・大竹文雄)[ここをクリック]
  • (3月8日)「今後の見通し」・「子供の超過自殺」・「政策と専門知―アメリカの金融政策と日本のコロナ政策の現場―」[ここをクリック]
  • (3月11日)「まん防の政策評価分析(大阪大学・北村周平)」[ここをクリック]
  • (3月11日)「出口戦略の考え方(大阪大学・大竹文雄)」[ここをクリック]
  • (3月15日)「まん防解除後の見通し」、「コロナ禍における社会経済活動」[ここをクリック]
  • (3月17日)「(明日の)基本的対処方針分科会での発言」(大阪大学・大竹文雄)、「接種の現状と課題」、「まん防解除後の戦略」(国際医療福祉大学・和田耕治)[ここをクリック]
  • (3月22日)「今後の見通し」、「今後の感染対策と社会活動の両立―東京五輪を含めた過去2年間の経験からの教訓―(川崎市健康安全研究所所長/オリパラ専門家会議座長・岡部信彦)」[ここをクリック]
  • (3月26日)「オミクロン株の性質による各公衆衛生対策効果の変化・今後の見通し」(長崎大学・古瀬祐気)[ここをクリック]
  • (3月31日) 「コロナ病床補助金の効果―アメリカでの因果推論分析からの教訓」(イェール大学/半熟仮想(株)・成田悠輔)[ここをクリック]