最終アップデート:2021年4月13日

** 4月11日までのデータに基づく分析です。画像はクリックすると拡大します。

図表の作成に用いたコードやデータファイルはここからダウンロードできます。

[ここをクリック]

[ここをクリック] [ここをクリック] [ここをクリック] [ここをクリック]

1. 東京での今後の「経済促進ペース」分析

(i) 基本シナリオ

Tokyo_gradual_Y

この図表のバックデータはここからダウンロードしてください。

出所: 著者達の計算による。
注: 左のパネルは新規感染者数の推移。黒の縦実線が現在時点。数字Xは「宣言解除後にX週間かけて経済活動を昨年10月・11月を多少上回るレベルにまで上昇させる」という意味です。この図をどのように理解すべきなのかは、このページ[ここをクリック]の解説を参考にして下さい。右のパネルは、それぞれのXによってどのように1年後の累計死亡者数(これまでの死亡者数を含む)と経済損失が影響を受けるかを示しています。基本シナリオでは、今後のBeta(「経済活動調整後の感染率パラメター」)の値が過去4か月平均であることを仮定。モデルの詳細についてはFujii and Nakata(2021)を参照して下さい。

(ii) 気の引き締まりシナリオ

Tokyo_gradual_Y

この図表のバックデータはここからダウンロードしてください。

出所: 著者達の計算による。
数字Xは「宣言解除後にX週間かけて経済活動を昨年10月・11月のレベルにまで上昇させる」という意味です。このシナリオでは今後6週間、実効再生産数が基本シナリオの約0.9倍になることを仮定しています。

(iii) 変異株シナリオ

Tokyo_gradual_Y

この図表のバックデータはここからダウンロードしてください。

出所: 著者達の計算による。
注:数字Xは「宣言解除後にX週間かけて経済活動を昨年10月・11月のレベルにまで上昇させる」という意味です。このシナリオの詳細については参考資料[ここをクリック]をご覧下さい。

このシナリオでの今週の変異株割合初期値は2.1%です。